部屋の位置を限定した賃貸オフィスや賃貸事務所

全室入居まで残りわずかな現状を持つ賃貸オフィスや賃貸事務所には、限定という文言がつきまといます。

ある特定の部屋だけが契約に至ることができずにいるために、賃貸オフィスや賃貸事務所の所有者は限定性を打ち出します。

階段のみの建物における高層階や湿度が常時高い傾向にある地下の部屋など、賃貸オフィスや賃貸事務所の中でも利便性に難があると言わざるを得ない箇所が多いです。当該物件で作業を始めようと考えれば、ほとんどは滞りなく進められます。

他方で定期的に大型の物資を搬入したり来客を迎え入れる頻度が高い事業を行うのなら、向いていないと言ってしまえます。

ページのトップへ戻る