マリッジリング

結婚指輪
結婚指輪には、シンプルで飽きの来ないデザインが選ばれてきました。そんな中でも、少しの流行はありました。

例えば、シルバーと金のコンビネーションリングなどです。また、シルバーの部分に、くすみを入れたデザインも一時流行りました。誕生石を小さめに入れたものは、ファッションリングに分類され、結婚指輪としては用いられないケースが殆どでした。

たった一つの小さな宝石をリングにはめ込んだだけでも、何かに引っ掛かる事は多く、年中はめているリングにはふさわしくなかったからでしょう。

しかし、個性を好む時代になり、デザインにも変化が表れています。自分の誕生石にこだわる人も増え、結婚指輪に小さく入れる人が増えているようです。

ページのトップへ戻る