汲取りトイレ

「マンション」の場合はもう少ないかもしれませんが、「アパート」や田舎の方ならこの方式のところもまだまだ多いと思います。

下水道ではなく、家の下に大きなタンクを設けてそこに排泄物を貯めておき、収集車が来たときに持って行ってくれるというものです。

下水道が通っている地域ではこの方式の賃貸物件はもうないかもしれませんが、今30歳以上ぐらいの人なら記憶に残っているのではないかと思います。

メリット、デメリットは別にありませんが、敢えて言うなら収集の人が回ってくるのを待たないといけない、または周囲に悪臭が漏れることがあるということです。

ページのトップへ戻る