共同トイレ

それぞれの家にトイレが備え付けられておらず、そのマンション(もしくはアパート)内に住人が共同で使うトイレが設けられているというタイプです。

マンションのオーナーにとってはトイレを各家庭に備え付ける必要がなくコストが抑えられますが、共同トイレを掃除してくれる人を雇う必要があること、定期的な検査が必要であるなどの理由で、今ではかなり見ることが少なくなりました。

築30年以上の物件ならまだこのタイプもあるかと思いますので、築年数が古い物件の場合は事前に確認をするようにしましょう。
やはり家には一つトイレが欲しいですよね。

おすすめ

ページのトップへ戻る