神戸の賃貸とレンタルオフィス大阪と東京

住居用物件の賃貸契約の流れとしては、物件の管理運営を行っている不動産会社で契約書を取り交わし、初期費用である敷金・礼金・一ヶ月分の前家賃を支払う、というのが一般的なものとなっています。

この場合、契約の際には連帯保証人を求められるのが通例となっています。連帯保証人とは本人と同等の債務を負うことになる保証人ということであり、家賃の滞納が発生して本人からの家賃徴収ができない場合には、本人に代わってこの連帯保証人から家賃を徴収することができる、というものです。

この連帯保証人を用意できなければ、ほとんどの場合、物件を賃借することはできません。連帯保証人は普通の保証人に対して、本人と同様の債務を負う者という責任の重い立場なので、たいていの場合は賃借人の家族や親族を立てるのが通例となっています。

しかし、非常に責任の重い連帯保証人にはなり手がないなど、いろいろと問題になってきたこともあって、最近では連帯保証人に代って保証証券というシステムが取り入れられる、という流れにもなってきています。

物件の賃貸において保証は非常に重要な要素ですから、従来の連帯保証人から保証証券というシステムに代わってきたことは、物件賃貸の流れにおける大きな変化であると考えることができます。

ページのトップへ戻る